インフォメーション

2024/01/15

殖彩にこめた想い

おかげ様で殖彩ホームページも令和5年5月10日で満10年を迎えます。

ひとまず振り返って、この名称にこめてきた想いを紹介させていただきます。

殖彩(しょくさい)の殖の文字は部首の【歹(がつ)】へんと、すなお・まっすぐなどの意味を持つ【直】からなりますが、私はこの一文字を命の循環として捉えました。

生き物はいつしか死をむかえます。でも自然環境のなかでは捕食者や微生物等によって直ぐに分解され、他の無数の命へとつながります。

私たちは忘れがちですが、命の循環がダイレクトに生態系を支えています。

彩の文字は命の循環が生態系を支えつつ生物多様性を育む様子と、わたしたちに彩り豊かな食材や快適な生活環境をもたらすことを表現しました。

 

殖彩は消費者が欲しい食材を生産する目的と同様に、私どもの行為が生態系への影響を常に想像できる現場でありたい。

このこだわりを看板の殖彩に掲げつつ、技術的な向上を図りながら情報開示に努めて参ります。