品目別生産履歴

さといも

生産者     森 博之

化学肥料、化学合成農薬の使用をやめて10年になります。

徳島県ECOファーマー認定

品種      セレベス

品種      セレベス

自家収穫分の中から選抜し、種イモに使用しています。

施肥     栽培期間中化学肥料は使用していません。(窒素成分)       

施肥     栽培期間中化学肥料は使用していません。(窒素成分)       

堆肥等   :もみ殻堆肥又はBLOF堆肥、ケレプペレット、ミミズ太郎100

アミノ酸肥料:オーガニック853、なっとく有機

ミネラル肥料:マリンエース、アイアンパワー、マンガンパワー、水酸化マグネシウム

       クアトロミネラーレ、焼成骨粉

追肥    :マンガンパワー、アイアンパワー、オーガニック853、水酸化マグネシウム

*写真は土づくり後に実施した溝上げの様子ですが、土壌の団粒具合いを見て頂ければと思います。

定植     令和3年4月2日より

定植     令和2年4月30日より

本年産は事前の芽出しをせずに、直接圃場の畝に種芋を植え付けました。

写真は定植後に除草を兼ねて、もう一度溝上げをしている様子です。

マルチ貼り   4月16日より

マルチ貼り   4月16日より

強風でマルチが飛ばないように押さえます。

4月下旬には競争するかのように、さといもの芽がマルチを押し上げています。

芽出し作業   令和3年4月30日より

芽出し作業   令和3年4月30日より

さといもが出芽し、押し上げたマルチを手で破って出してやります。

農薬     栽培期間中、農薬を使用していません。

農薬     栽培期間中、農薬を使用していません。

今年の病害虫による被害、並びに台風被害はわずかでした。

写真は異常に長かった梅雨明けから数日後、7月27日の圃場の様子です。

成長     令和3年9月

収穫     令和2年11月21日~

写真は9月7日…株元は直径10㎝くらいでしょうか。

親芋は充分に大きくなり、子芋を育てているところです。

収穫     令和3年10月30日より

調整     袋詰め前に乾燥調整を行います。

調整     袋詰め前に乾燥調整を行います。

さといもの表面を風乾し、土やひげ根などを取り除きます。

水洗いは鮮度の低下が著しくなるので致しません。

写真は調整作業を行うハウス内の様子。 

販売      青果販売は終了しました。 現在、苗をあいさい広場で販売中

IMG_071501.jpg

セレベス:子・孫芋 袋入り 400g(3個以上入り)、  500g(3又は4個入り)

セレベス:親芋   袋入り、又はラップ包装

  

*袋から出して新聞等に包み、日陰にて常温で保管してください。

 里芋は低温になると品質低下を招くので注意してください。

 水洗いをしていないので、条件が良ければ1ヵ月近く持ちます。

1