品目別生産履歴

平成30年産米 コシヒカリ、あきさかり

水稲栽培年間スケジュール

IMG_0516.jpg

9月   土壌分析・施肥設計

9~10月 秋処理(発酵鶏糞、ミネラル施肥・耕運)

3~4月  種もみ準備(塩水選、温湯処理、酵母菌処理)

     床土準備(赤土、みみず糞土、ミネラル混合)

     地元産塩わかめ散布

3~5月  播種・育苗(プール育苗、アミノ酸肥料の追肥)

4~5月  酵母菌液の圃場投入、元肥散布

5月   代掻き、田植え

6月    穂肥施肥(アミノ酸肥料、ミネラル肥料)

8~9月  収穫・乾燥・調整

育苗履歴

IMG_0518.jpg

床土の準備  赤土土壌分析・施肥設計、大型混合攪拌機による配合

 使用資材  赤土、ミミズ太郎、BMようりん、

       マンキチ30号、イネニカ、ホウ砂

種もみ準備  購入種子/コシヒカリ・あきさかり、自家採種種子/コシヒカリ

立枯れ対策等 塩水選、種もみ温湯処理(10分間)、酵母菌液浸漬

播種、育苗  箱あたり110g~120g、ハイマット被覆の後プール育苗

追肥     オーガニックリキッド

その他    乳酸菌、酵母菌

 

*写真は育苗培土を大型攪拌機にて混合の様子

肥料     栽培期間中、化学肥料は使用していません。(窒素成分)

IMG_0505.jpg

秋処理資材 なっとく有機/75kg、水酸化マグネシウム、マリンエース、

      BMようりん、米太郎/100kg

春施肥   なっとく有機/150kg、オーガニック813/40kg、竹粉、

      和田島産塩わかめ/200kg

追肥    リモニド/10kg、なっとく有機、水酸化マグネシウム/20kg

穂肥    オーガニック432

 

*重量は10アール当たりの使用量で、重量表記の無い資材は圃場毎の施肥設計と生育状況等

 から資材の使用量に違いがあります。

農薬   栽培期間中、化学合成農薬は使用していません。

ジャンボタニシ対策として、スクミンベイト3(有機JAS適合)を使用しました。

有効成分はリン酸第2鉄で外来のジャンボタニシに効果あります。

本年はジャンボタニシの活性が低く、1箇所(6アール)のみの散布となりました.

抑草

IMG_0584.jpg

なっとく有機を効果的に使用した抑草に、引き続き取り組んでいます。

今年はジャンボタニシの活性が低く、水を多くしたので雑草抑制効果を高められました。

ただし、少々コナギの発生が見られるので来年に向けての課題あり。

新たに「あきさかり」作付しました。

IMG_0634.jpg

高温耐性品種と言われる「あきさかり」を作業分散の目的も兼ねて取り組みました。

「コシヒカリ」の孫だそうです。

見た目は申し分なしで、近縁の「キヌヒカリ」と違って心白の特徴は無い。

食感はもっちりと粘りがあり癖がなく、炊き込みご飯と相性が良いとのことです。

 

*写真は出穂した「あきさかり」の様子

 

田植え・収穫の実施日

IMG_0654.jpg

田植え

コシヒカリ  5月8日~5月19日

あきさかり  5月20日~5月30日

 

収穫

コシヒカリ  8月27日~9月19日

あきさかり  9月26日~9月28日

 

*写真は2度の強い台風に耐え抜いた稲。

夏みかん

生産者     森 博之

肥料農薬  栽培期間中、化学肥料・化学合成農薬は使用していません。

肥料として殖彩で扱う野菜残渣そのもの、或いは堆積し堆肥化したものを樹の周りに施肥。

野菜のミネラルが効果的に働き、病害虫が低減されています。

夏みかんの特徴

IMG_0835.jpg

爽やかな酸っぱさが特徴の夏みかんですが、今ではあまり見られなくなりました。

むかしはタンサン(重曹)をつけて食べていたのを思い出します。

今年は訳あって整枝を強くしたためか、酸度が低めです。

玉ねぎ

生産者   森 博之

品種     浜笑(はまえみ) 超極早生品種

定植  10月26日~10月31日

玉ねぎ苗購入先  徳島有機農業サポートセンター

         JA東とくしま

肥料     栽培期間中、化学肥料は使用していません。

堆肥等:ルートン、ツムランド、ケレプペレット

アミノ酸肥料:オーガニック432、なっとく有機

ミネラル:ハーモニーシェル、水酸化マグネシウム、マグキーゼ

     クアトロミネラーレ、リモニド

農薬     栽培期間中、化学合成農薬は使用していません。

収穫     平成31年3月9日~

販売     終了しました。

3月23日販売分より、玉ねぎの葉は切り落としに変更しました。

スイートバジル

生産者     森 博之(明子)

肥料       化学合成肥料は使用していません。(窒素成分)

堆肥等   :ルートン、ミミズ太郎、ケレプペレット

アミノ酸肥料:なっとく有機、オーガニック813

ミネラル肥料:アイアンパワー、硫酸マンガン、マンキチ30号、クアトロミネラーレ

       リモニド、水酸化マグネシウム、ホウ砂

播種及び定植 

播種:平成30年5月2日 プラグトレー

鉢上げ:平成30年5月8日 ポット

定植:平成30年5月25日

農薬     栽培期間中、農薬は使用していません。

IMG_0628.jpg

東側にハウス、西側には里芋を栽培して光線量を抑制しています。

販売     終了しました。

IMG_0632.jpg

袋詰め時、30g以上

ミニトマト

生産者     森 博之(明子)

品種     アイコ、 イエローアイコ

JAからの購入苗を定植しました。

5月9日定植

肥料   栽培期間中、化学肥料は使用していません。(窒素成分)

堆肥等:ルートン、ケレプペレット

アミノ酸肥料:オーガニック432、なっとく有機

ミネラル肥料:水酸化マグネシウム、硫酸マンガン、アイアンパワー、マンキチ30号

       クアトロミネラーレ、リモニド、イネニカ、硫酸銅

その他:赤土(ph調整)、塩わかめ、竹粉

太陽熱養生処理

期間:平成30年4月25日~5月8日

農薬     栽培期間中、次の農薬を使用しました。

IMG_0617.jpg

粘着くん  6月17日:アブラムシ対策

      食品由来のでんぷんによる物理的殺虫効果『虫体の捕捉』と『呼吸阻害』

スピノエース顆粒水和 7月10日:オオタバコガ対策

      有効成分スピノサド 土壌放線菌(Saccharopolyspora spinosa)が産生する活性物質

 

*JAでの購入苗であり、種苗会社で育苗中の使用農薬は含まれていません。

 

*写真ミニトマト奥の花は、コナジラミ対策のフレンチマリーゴールドです。

 播種育苗後、コンパニオンプランツとして周囲で栽培しています。

収穫     平成30年7月3日より

IMG_0618.jpg

販売     終了しました。

IMG_06151.jpg

1パック 約200g (パック包装・内容量を変更する場合があります)

1 2 3 4 5