品目別生産履歴

さといも

生産者     森 博之

徳島県ECOファーマー認定

品種      セレベス

IMG_0483.jpg

自家収穫分の中から選抜し、種イモに使用しています。

写真は芽だし作業で種芋を仮植えしているところです。

施肥     栽培期間中化学肥料は使用していません。(窒素成分)       

堆肥等   :ソイルメーク、ルートン、みみず太郎、ツムランド、ピートモス

アミノ酸肥料:オーガニック813

ミネラル肥料:ハーモニシェル、水酸化マグネシウム、アイアンパワー、マンガンパワー、

      クアトロミネラーレ、マンキチ30号、ケレプペレット、ホウ砂、リモニド

追肥    :硫酸マンガン、アイアンパワー、オーガニック813

植えつけ     平成30年4月13日~4月21日、5月4日

農薬     栽培期間中、化学合成農薬不使用

次の農薬を使用しました。(有機JAS適合農薬)

 ジーファイン水和剤  有効成分:無水硫酸銅   里芋疫病対策

 エコピタ液剤     有効成分:還元澱粉糖化物 アブラムシ対策

 

収穫     平成30年11月5日~

調整     袋詰め前に乾燥調整を行います。

IMG_0716.jpg

さといもの表面を風乾し、土やひげ根などを一つずつ手で取り除きます。

水洗いは鮮度の低下が著しくなるので致しません。

写真は調整作業を行うハウス内の様子で、左側に親芋、右側に子芋を広げています。 

販売      終了しました。

IMG_071501.jpg

セレベス:子・孫芋 袋入り 400g 

セレベス:親芋   袋入り 700g、1kg

 

*袋から出して新聞等に包み、日陰にて常温で保管してください。

 里芋は低温になると品質低下を招くので注意してください。

 水洗いをしていないので、条件が良ければ1ヵ月近く持ちます。

スイートバジル

生産者     森 博之(明子)

肥料       化学合成肥料は使用していません。(窒素成分)

堆肥等   :ルートン、ミミズ太郎、ケレプペレット

アミノ酸肥料:なっとく有機、オーガニック813

ミネラル肥料:アイアンパワー、硫酸マンガン、マンキチ30号、クアトロミネラーレ

       リモニド、水酸化マグネシウム、ホウ砂

播種及び定植 

播種:平成30年5月2日 プラグトレー

鉢上げ:平成30年5月8日 ポット

定植:平成30年5月25日

農薬     栽培期間中、農薬は使用していません。

IMG_0628.jpg

東側にハウス、西側には里芋を栽培して光線量を抑制しています。

販売     終了しました。

IMG_0632.jpg

袋詰め時、30g以上

ミニトマト

生産者     森 博之(明子)

品種     アイコ、 イエローアイコ

JAからの購入苗を定植しました。

5月9日定植

肥料   栽培期間中、化学肥料は使用していません。(窒素成分)

堆肥等:ルートン、ケレプペレット

アミノ酸肥料:オーガニック432、なっとく有機

ミネラル肥料:水酸化マグネシウム、硫酸マンガン、アイアンパワー、マンキチ30号

       クアトロミネラーレ、リモニド、イネニカ、硫酸銅

その他:赤土(ph調整)、塩わかめ、竹粉

太陽熱養生処理

期間:平成30年4月25日~5月8日

農薬     栽培期間中、次の農薬を使用しました。

IMG_0617.jpg

粘着くん  6月17日:アブラムシ対策

      食品由来のでんぷんによる物理的殺虫効果『虫体の捕捉』と『呼吸阻害』

スピノエース顆粒水和 7月10日:オオタバコガ対策

      有効成分スピノサド 土壌放線菌(Saccharopolyspora spinosa)が産生する活性物質

 

*JAでの購入苗であり、種苗会社で育苗中の使用農薬は含まれていません。

 

*写真ミニトマト奥の花は、コナジラミ対策のフレンチマリーゴールドです。

 播種育苗後、コンパニオンプランツとして周囲で栽培しています。

収穫     平成30年7月3日より

IMG_0618.jpg

販売     終了しました。

IMG_06151.jpg

1パック 約200g (パック包装・内容量を変更する場合があります)

スイートコーン

生産者     森博之

品種      ゴールドラッシュ90

肥料:化学肥料は使用していません(窒素成分)

堆肥等:ルートン、ケレプペレット、ミミズ太郎

アミノ酸肥料:オーガニック813、なっとく有機

ミネラル肥料:アイアンパワー、硫酸マンガン、水酸化マグネシウム

       クアトロミネラーレ、リモニド、マンキチ30号、ホウ砂

農薬      栽培期間中、農薬は使用していません

雄花除去:摘み取ることで雄花を1~2割に減らしています。

     害虫の呼び込みを減らすことが目的

 

袋かけ栽培:不織布を直接スイートコーンにかけています。

      直接的な被害を減少させます。

販売      終了しました。

ほうれん草

生産者        森 博之

施肥     栽培期間中化学肥料は使用していません。(窒素成分)

1号ハウス

堆肥等:ルートン、ケレプペレット、ミミズ太郎、ツムランド

アミノ酸肥料:オーガニック813、なっとく有機

ミネラル:マンガンパワー、アイアンパワー、クアトロミネラーレ、マンキチ30号、

     リモニド、ホウ砂

追肥:アグリエー酢、アイアンパワー、マンガンパワー、リキッドアグリ,ホウ砂

 

2号ハウス

堆肥等:ルートン、ケレプペレット、ミミズ太郎

アミノ酸肥料:オーガニック813

ミネラル:マンガンパワー、アイアンパワー、クワトロミネラーレ、リモニド

     ホウ砂、硫酸銅

追肥予定:アイアンパワー、硫酸マンガン、アグリエー酢、リキッドアグリ

 

3号ハウス

堆肥等:ルートン、ミミズ太郎、ケレプペレット

アミノ酸肥料:オーガニック813

ミネラル:マンガンパワー、アイアンパワー、クワトロミネラーレ、リモニド

     水酸化マグネシウム、ホウ砂、硫酸銅

追肥予定:アイアンパワー、硫酸マンガン、アグリエー酢、リキッドアグリ

 

小松菜と同一ハウス内で分けて栽培しています。

太陽熱養生処理

ハウス全体に太陽熱養生処理を行いますので、小松菜と同時処理となります。(小松菜履歴参照)

播種      平成30年5月23日~

IMG_05621.jpg

左側がほうれん草で、時期を分けて播種してします。

1畝後から播種したほうれん草は日照がキツイ時期に蒔いたので、表面にもみ殻を散布しています。

右半分は小松菜です。

農薬     栽培期間中農薬は使用していません

栽培期間中農薬は使用していません。(平成30年6月23日現在)

1 2 3 4 5